コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトゥパハ バトゥパハBatu Pahat

2件 の用語解説(バトゥパハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトゥパハ
バトゥパハ
Batu Pahat

バンダールプンガラム Bandar Penggaramとも呼ばれるマレーシアマレー半島南部,ジョホール州の港町。マラッカ海峡にのぞむ。ゴム,コプラ,果実など農産物や海産物の集散地。人口6万 4727 (1980) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バトゥ‐パハ(Batu Pahat)

マレーシア、マレー半島南部、ジョホール州の町。バトゥパハ川沿いに位置する。かつてスリメダン鉱山の採掘で栄え、日本人が多く居住し、日本資本によるゴムのプランテーション経営も盛んだった。詩人金子光晴の紀行文に描かれたことで知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バトゥパハの関連キーワードエンゼリーブルネイムアール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バトゥパハの関連情報