ブーシュデュローヌ県(読み)ブーシュデュローヌ(英語表記)Bouches-du-Rhône

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシュデュローヌ〔県〕
ブーシュデュローヌ
Bouches-du-Rhône

フランス南東部,プロバンスアルプコートダジュール地域 (レジオン) の県。県都マルセイユ。プロバンス地方,ローヌ川河口の地中海にのぞむ。北西部はローヌ川下流域で,石灰岩から成るアルピーユ連丘を境に,北側は灌漑による野菜栽培地域,南側はアルルの東に広がるクローの大平原で部分的に開発され,穀類栽培,ヒツジの飼育が行われる。南西部はローヌ川三角州地域でカマルグの湿地帯,バカレス潟から成り,動植物保護区がある。アシの原野でウマの飼育と牧童は有名であったが,現在は米作を主とし,ブドウも栽培する特殊な農業地帯を形成している。東部は石灰岩質の山脈によりいくつかの盆地に分れ,エクサンプロバンスの谷にはブドウ畑が多く,アーモンドが特産。南部のマルセイユ地区は,ベール潟を含み,港を中心に製油,鉄鋼,機械,造船などの大工業地帯を形成し,海岸には保養地も多い。面積 5087km2。人口 175万 9371 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android