コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーラサ Joseph‐Napoléon‐Henri Bourassa

世界大百科事典 第2版の解説

ブーラサ【Joseph‐Napoléon‐Henri Bourassa】

1868‐1952
カナダの政治家。L.J.パピノーの孫,芸術家のN.ブーラサの息子としてモントリオールに生まれ,ケベック州のフランス系カナダ・ナショナリズムを代表する人物であった。1896年カナダ下院に選出されるが,99年自由党W.ローリエ内閣のボーア戦争介入に反対して議席を辞した。1910年以来《義務》誌を刊行,海軍創設に反対して11年総選挙におけるローリエの敗北に影響力を及ぼした。さらに保守党R.L.ボーデン内閣による徴兵制に反対するなど,フランス系カナダ・ナショナリストとしての姿勢は一貫していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブーラサの関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三戊辰戦争市川崑久松静児森一生東京(都)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android