コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーラサ Joseph‐Napoléon‐Henri Bourassa

1件 の用語解説(ブーラサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブーラサ【Joseph‐Napoléon‐Henri Bourassa】

1868‐1952
カナダの政治家。L.J.パピノーの孫,芸術家のN.ブーラサの息子としてモントリオールに生まれ,ケベック州フランス系カナダ・ナショナリズムを代表する人物であった。1896年カナダ下院に選出されるが,99年自由党W.ローリエ内閣のボーア戦争介入に反対して議席を辞した。1910年以来《義務》誌を刊行,海軍創設に反対して11年総選挙におけるローリエの敗北に影響力を及ぼした。さらに保守党R.L.ボーデン内閣による徴兵制に反対するなど,フランス系カナダ・ナショナリストとしての姿勢は一貫していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブーラサの関連キーワード政治家赤毛のアンJアダムズアッパーカナダビレッジカナダ雁レスターBピアソンメープルリーフ金貨カナダドルカナダのイヌイット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone