コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プッシャーバージ

2件 の用語解説(プッシャーバージの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プッシャーバージ

押船によって押航される(はしけ)(バージ)。尾部に押航用の凹部をもつ。このような輸送方式をプッシャーバージシステムといい,多数のバージを縦横につないで押航するのが一般。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プッシャーバージ
ぷっしゃーばーじ
pusher barge

引き船の一種である押し船によって、後ろから押されて運航するバージ(艀(はしけ))、またはこの方法による押航(おうこう)輸送方式。アメリカのミシシッピ川を中心に発達し、日本でも内海や大型港湾でこの方式による海上輸送が多くなった。この方式は、索を用いて曳航(えいこう)する引き船と異なり、一般の自航船舶の船尾推進器にかわって押し船がその働きをするので、推進の効率もよく運航も容易である。最近では沿岸の外洋でもこの押航方式が採用されるようになり、数千トンを積載する大型バージも建造されている。[岩井 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプッシャーバージの言及

【艀】より

…日本では,達磨船,団平船,伝馬船などが古くから近距離および中継輸送用のはしけとして,また倉庫代用の倉はしけとして,輸送の補助機関使われてきたが,アメリカ,ヨーロッパ,ソ連(現ロシア)などでは早くから内陸河川輸送の有力な輸送機関として広く用いられてきた。最近では各種の専用バージや航洋バージなどの大型バージが建造されており,押船と一体となったプッシャーバージによるバージラインシステムもある。
[種類]
 バージの型式,種類には,デッキバージ,ホッパーバージ,タンクバージ,ダンプバージおよび特殊バージがある。…

※「プッシャーバージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プッシャーバージの関連キーワードパールハーバーホッパーオーバーパーカバーバージョングラスホッパー艫押し無理押しオーバーチャージPCサーバー病を押して

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone