コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プテオリ Puteoli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プテオリ
Puteoli

古代イタリアの港市。現ナポリ近郊のポッツォーリ。前6世紀ギリシアのサモス (サモス島 ) の植民者が建設。古名はディカイアルケイア。前4世紀ローマに服属。軍港,輸入港としてオスチアと並んで重要な位置を占め,M.キケロ,ハドリアヌス帝らの別荘があった。ゲルマンなどの侵入により荒廃,噴火や地震のため住民の多くはナポリへ移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プテオリの関連キーワードカエリウス・ルフスポッツオーリポッツオリバイアエスラ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android