コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラグインモジュール

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラグインモジュール

「plug in」は「プラグに接続する」という意味。WWWブラウザーに組み込むことで、WWWブラウザーが処理できないデータを処理したりする拡張モジュールをこう呼ぶ。単に「プラグイン」と呼ばれることも多い。当初からWWWブラウザーには、自分が解釈できないタグに出会うと、適当なヘルパプログラム(helper program)と呼ばれる外部プログラムにそのデータを渡して処理してもらう機能(特殊フォーマットのデータを表示したり、音声データを再生したりする機能)が用意されていた。ただしヘルパプログラムはWWWブラウザーとはまったく独立したプログラムで、ヘルパプログラムでの処理結果をWWWブラウザーにフィードバックするような連携処理は行なえない。これに対しプラグインモジュールは、WWWブラウザーが提供するAPIを利用して作成された拡張モジュールで、WWWブラウザーと緊密な連携をとることが可能だ。このプラグインモジュールの機能により、通常のHTML文書の一部として配置された特殊なデータを、あたかも1つのページの一部としてプラグインモジュールに表示処理を行なわせるなどができるようになる。現在では、Netscape Navigator用、Internet Explorer用などを中心に、WWWブラウザーでさまざまな新機能を実現するプラグインモジュールが開発されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

プラグインモジュールの関連キーワードコードサイニングアドオンXtra

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android