コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラズマジェット加工 プラズマジェットかこう

百科事典マイペディアの解説

プラズマジェット加工【プラズマジェットかこう】

ノズル形の陽極と陰極の間でアークを発生させ,生じたプラズマをノズルから噴出させて高融点金属や非金属などの難加工材の切断,溶接,融解,溶射などを行う加工法。被加工物を陽極として,周囲の気体をプラズマ化して噴出させるプラズマアーク加工もある。
→関連項目セラミックコーティングプラズマ加工

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のプラズマジェット加工の言及

【プラズマ加工】より

…気体が高温のもとで電離して陽イオンと電子とに分かれた状態をプラズマと呼ぶが,これをノズルから高速で噴出させて材料を溶融し,切断,溶接,溶射などを行うのがプラズマ加工である。ノズル形状をした陽極とタングステン陰極との間でアークを発生させ,生じたプラズマをジェットとしてノズルから噴出させて加工面にあてる方式をプラズマジェット型(プラズマジェット加工)と呼び,動作ガスとしてはアルゴン,ヘリウム,窒素などが用いられる。一方,加工物自体を陽極として陰極との間でアークを発生させ,周囲の気体をプラズマ化してノズルから噴き出させる方式をプラズマアーク型と呼んでいる(図)。…

※「プラズマジェット加工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android