プラズマ加工(読み)プラズマかこう

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマかこう【プラズマ加工 plasma beam machining】

気体が高温のもとで電離して陽イオンと電子とに分かれた状態をプラズマと呼ぶが,これをノズルから高速で噴出させて材料を溶融し,切断,溶接,溶射などを行うのがプラズマ加工である。ノズル形状をした陽極とタングステン陰極との間でアークを発生させ,生じたプラズマをジェットとしてノズルから噴出させて加工面にあてる方式をプラズマジェット型(プラズマジェット加工)と呼び,動作ガスとしてはアルゴンヘリウム,窒素などが用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android