コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラチャーティポック Prachathipok

1件 の用語解説(プラチャーティポックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プラチャーティポック【Prachathipok】

1893‐1941
タイ国ラタナコーシン朝第7代国王。在位1925‐35年。一般にラーマ7世Rama VII呼ばれる。1906年に13歳でイギリスに留学,主として軍事学を修める。15年帰国後陸軍に勤務。嗣子のない兄王の死による予期せぬ国王即位要請に当初拒否の態度を示した。権力欲は低く,即位とともに5人の王族からなる最高顧問会議を創設し,前王治世末期からの財政危機に集団指導体制をとった。折からの世界恐慌にもまき込まれ,公務員の削減,減俸,官庁の整理統合といった苦しい選択を強いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のプラチャーティポックの言及

【タイ】より

…とくに〈スアパー〉と称する国王直属の疑似軍隊をつくって軍人の反感を買い,放漫な財政によって国家財政の危機を招くなどの失政は,のちに大きな禍根を残した。1925年王位を継いだ7世王プラチャーティポック(在位1925‐35)は,財政再建に苦慮したが,世界大恐慌の発生という不幸が重なり,行政整理,官吏の減俸措置は伝統的な王族支配に対する批判を生み,ついに32年文武の若手官僚を中核とする人民党のクーデタ(立憲革命)が発生してタイの絶対王政は終りを告げた。
[立憲革命以後]
 1932年以降のタイ現代史は,伝統的政治・文化と断絶のないままに,社会・経済的変化に適合する民主政治のあり方を模索した試行錯誤の軌跡である。…

※「プラチャーティポック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラチャーティポックの関連キーワード店子プラタナス新たなる月シンデレラタイムデモクラタイゼーションフラタナティー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラチャーティポックの関連情報