コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラティーク

百科事典マイペディアの解説

プラティーク

実践,また慣習行動と訳されることが多い。歴史学の分野で,日常的な実践や慣習行動の意味の解読をも試みるアナール学派などでもこの概念が使用されているが,ブルデューの社会理論における中心概念として,とくに注目された。ブルデューによれば,一定の場におけるプラティークは,その場の社会的・文化的構造と個々人に内面化された性向であるハビトゥスとの相互性によって規定される。プラティークはここで,政治や宗教などの理念や知識にもとづく意識的実践から,食事の作法といった慣習的行動までをカバーしており,意識的実践と慣習とをまとめてとらえていること,しかも構造決定論と主意主義の両方ともを避けつつそうしているところに,この概念のユニークさを見ることができる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

プラティークの関連キーワードエティエンヌ バリバールオギュスタン ベルクエドガール モランL. フィーノフィノードーザ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラティークの関連情報