コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主意主義 しゅいしゅぎ voluntarism

翻訳|voluntarism

6件 の用語解説(主意主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主意主義
しゅいしゅぎ
voluntarism

ラテン語の voluntas (意志) に由来する言葉で,真理と知性を第1のものとする主知主義に対して,善と意志の優位を説く哲学的な考え方。心理学的,倫理学的,神学的,形而上学主意主義に区別すれば,心理学的主意主義は,人間を何かある目標に向って意欲し,知性や悟性が意志に従属しているような存在と考えるもので,その代表者はホッブズ,ヒュームショーペンハウアーらである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅい‐しゅぎ【主意主義】

voluntarism
哲学で、世界の根本原理を意志に認める立場。ショーペンハウアーの哲学など。⇔主知主義
心理学で、欲望・欲求などを含めて、広義の意志を人間心理の根本原理とする説。ブントに代表される。⇔主知主義主情主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

主意主義【しゅいしゅぎ】

英語voluntarismなどの訳。主知主義に対して,意志を心的活動の中心に据える思想上の立場。ドゥンス・スコトゥスライプニッツシェリングショーペンハウアー(〈意志としての世界〉),ニーチェ(〈力への意志〉)らが代表者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅいしゅぎ【主意主義 voluntarism】

一般に知性よりも意志・意欲――必ずしも人間の意志には限られない――を重視する神学,哲学,心理学上の立場。意志を精神活動の中心に据えるアウグスティヌスや,神における意志の優位を説くドゥンス・スコトゥスの教説は神学上の主意主義である。近世初頭には判断を知性の働きと見たスピノザライプニッツ主知主義に対して,それを意志の決定と見たデカルトの立場が主意主義とよばれた。近世ドイツ哲学にも,表象能力よりも欲求を重視するライプニッツにはじまり,理論理性よりも実践理性(意志)を重んずるカント,意欲を根源的存在と見るシェリング,表象としての世界の根底に〈意志としての世界〉を認めるショーペンハウアー,アポロン的原理よりもディオニュソス的原理を根源的と考えるニーチェにいたるまで一貫した主意主義的形而上学の伝統がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅいしゅぎ【主意主義】

〘哲〙 理性・感情よりも意志的なものを根本におく立場。非理性的・盲目的生活意志の発現として世界を捉えるショーペンハウアーの哲学、欲求・衝動・本能などの意志的なものが心的生活の基礎をなすとするブントの心理学などに顕著にみられる。 ↔ 主知主義主情主義

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主意主義
しゅいしゅぎ
voluntarism

人間の知性と意志はどちらが有力で他に勝るかという問題は、中世のスコラ哲学から生じたものであるが、その場合、知性を上位に置く主知主義に対し、意志を上位に置くのが主意主義である。人間の意志は知性によって決定されるのではなく、それを決定する理由がなくても自由に発動すると考えたイギリスのスコラ哲学者ドゥンス・スコトゥスは、その代表者といえる。デカルトもまた、人間の知性は有限であるが、意志は神の場合と同様に無限であるとする点で、主意主義の系列に属する。
 ところで広義では、意志を他のすべてに先だつ根源的なものとみるのが主意主義で、たとえば、意志が世界や世界内の現象の本質であり本体であるとみるショーペンハウアーは形而上(けいじじょう)学的主意主義の代表者であり、意志を人間の心の根本機能とみるドイツの心理学者ブントは心理主義的主意主義に属する。また総じて認識や思考が生活意志に基づいて展開されるとみるプラグマティズムの立場も、主意主義の一種といえよう。[宇都宮芳明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の主意主義の言及

【主知主義】より

…この場合〈知性intellectus〉は感性に対立し,分析・分別する悟性,統括・直覚する理性を含む。合理主義よりも若干狭い意味で用いられ,情意とくに〈意志voluntas〉を起源とする主意主義に対立する。言葉としては19世紀初頭の成立。…

※「主意主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

主意主義の関連キーワード一般意志主情主義必ずしも主情主知知性的志茂意欲障害

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主意主義の関連情報