コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラハ窓外放出事件 プラハそうがいほうしゅつじけんPrážká defenestrace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラハ窓外放出事件
プラハそうがいほうしゅつじけん
Prážká defenestrace

(1) 1419年7月3日,プラハ市役所の建物の窓からカトリック系の7名の市参事会員が放出された事件フス戦争 (1419~36) 勃発のきっかけとなった。 (2) 1618年5月 23日,新教派のボヘミアの諸身分の代表者が神聖ローマ皇帝による宗教的自由の蹂躪に抗議してプラハ城内に押入り,皇帝の代官ら3名を窓から放出した事件。三十年戦争 (1618~48) のきっかけとなった事件として有名。 (3) 1948年3月 10日,チェコスロバキア外相 J.マサリクがプラハの外務省の建物の窓から放出された事件を加えることもあるが,自殺説もあり,真相は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プラハ窓外放出事件の関連キーワードウェンツェルフィリップ[2世]ジャン(無畏公)フィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)応永の外寇後花園天皇ツォンカパフス戦争ロストック応永の外寇

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android