コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応永の外寇 おうえいのがいこう

5件 の用語解説(応永の外寇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応永の外寇
おうえいのがいこう

応永 26 (1419) 年6月,李氏朝鮮による対馬攻撃事件。倭寇の侵略に悩まされ続けた朝鮮は,その根拠地覆滅の目的をもって,兵船 227隻,1万 7000の大軍を動員して対馬を襲った。 10日余で撤退したが,日本では明軍襲来の噂が飛び騒然となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうえい‐の‐がいこう〔‐グワイコウ〕【応永の外寇】

応永26年(1419)倭寇(わこう)の被害に悩む李氏朝鮮が、その根拠地とみなした対馬(つしま)を兵船227隻で襲撃した事件。宗貞盛(そうさだもり)の反撃を受けて撤退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

応永の外寇【おうえいのがいこう】

1419年(応永26年)李氏朝鮮の軍が対馬(つしま)に来襲した事件。倭寇(わこう)侵略に苦しんだ朝鮮は,その根拠地覆滅の目的で,兵船227,兵力1万7000をもって対馬に来襲,10日余で撤退した。
→関連項目世宗宗氏美津島[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうえいのがいこう【応永の外寇】

1419年(応永26,朝鮮の世宗1)に,対馬島が朝鮮国軍の攻撃をうけた事件。14世紀中葉以来,倭寇朝鮮半島の各地を荒らして大きな被害をあたえていたが,朝鮮では対馬島主宗貞茂(そうさだしげ)に特権をあたえて,日本から朝鮮に渡航するものを統制させ,倭寇の鎮静に大きな成果をあげていた。ところが,1418年に対馬で貞茂が死に,幼主貞盛がたったが,対馬島内の実権は海賊の首領の早田(そうだ)氏にうつり,しかも倭寇の1船団が朝鮮の沿岸を襲う事件がおこった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応永の外寇
おうえいのがいこう

1419年(応永26)6月に起こった李氏(りし)朝鮮軍の対馬(つしま)襲来事件。1418年4月、朝鮮に信頼の厚かった対馬島主宗貞茂(そうさだしげ)死去の報が伝わると、朝鮮では倭寇(わこう)再発の懸念が生じた。そして翌19年5月に、倭船50余艘(そう)が朝鮮の庇仁県都豆音串に侵入し、ついで倭船38艘が海州の延平串を襲撃するに及んで、太宗は対馬出兵を決意するに至った。兵船227艘に軍勢1万7285人を乗せ、65日分の兵糧を用意した李氏朝鮮軍は、6月19日に巨済(きょさい)島を出発し、10余日間にわたって対馬島を攻撃した。大小129艘の船を奪い、1939戸の家を焼き、104の首級をあげ、多くの日本人を捕虜にするなどした。後年の編纂(へんさん)物『対州(たいしゅう)編年略』では、日本側の死者123人、朝鮮側は2500余人と伝えられている。朝鮮軍は7月3日には巨済島に帰還した。11月、室町幕府は、蒙古(もうこ)・高麗(こうらい)連合軍が対馬島に来襲したとの、この事件についての情報の真偽を確かめるべく、数年ぶりに朝鮮へ使僧を送った。それに対して朝鮮側も回礼使宋希(そうきえい)を日本に送って幕府と折衝させた。しかし、その後の交渉はいっこうに進まず、1423年(応永30)に太宗が没し、世宗が政治の実権を掌握すると、宗貞茂の子貞盛(さだもり)に日朝貿易の管理統制権が与えられる形で、朝鮮と対馬の通交関係の回復がなされたのである。かくして、世宗の平和通交の交隣政策によって、宗貞盛と李氏朝鮮の間で結ばれたのが嘉吉(かきつ)条約である。[黒田日出男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応永の外寇の関連キーワード火計老松堂日本行録三・一独立運動北朝鮮の鉱物資源油小路隆信賀茂在弘持明院基親周高宋希璟《朝鮮の悲劇》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応永の外寇の関連情報