コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランク時間 ぷらんくじかん Planck time

2件 の用語解説(プランク時間の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

プランク時間

物理世界の最小単位。量子力学の基本量であるプランク定数hと、真空中の光速c、重力定数Gの3つの定数で決まる。プランク時間は5.391×10の-44乗秒。プランク長さは、その時間に光が進む距離1.616×10の-35乗m。この尺度では、重力も量子力学の影響を強く受ける。たとえば、時間の精度が高いため、不確定性原理エネルギーが大きくゆらぎ、時空を曲げて強い重力場を生む。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

プランク時間【Planck time】

プランク定数*h,万有引力定数 G,真空中の光速 c をもとにつくられた時間の単位.(Gh/c51/2 である.5.39121×10-44 sとされている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プランク時間の関連キーワード基本単位ディラックハイゼンベルク量子量子物理学光量子回路量子演算素子ハートリーの単位系ブロッホの定理(量子力学)並木美喜雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プランク時間の関連情報