プランク時間(読み)ぷらんくじかん(英語表記)Planck time

知恵蔵「プランク時間」の解説

プランク時間

物理世界の最小単位量子力学の基本量であるプランク定数hと、真空中の光速c重力定数Gの3つの定数で決まる。プランク時間は5.391×10の-44乗プランク長さは、その時間に光が進む距離1.616×10の-35乗m。この尺度では、重力も量子力学の影響を強く受ける。たとえば、時間の精度が高いため、不確定性原理エネルギーが大きくゆらぎ、時空を曲げて強い重力場を生む。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

法則の辞典「プランク時間」の解説

プランク時間【Planck time】

プランク定数*h,万有引力定数 G,真空中の光速 c をもとにつくられた時間の単位.(Gh/c51/2 である.5.39121×10-44 sとされている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android