コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランテーション農業 プランテーションのうぎょうplantation agriculture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランテーション農業
プランテーションのうぎょう
plantation agriculture

熱帯,亜熱帯で行なわれる栽植農業。欧米人が資本,技術を提供し,熱帯の労働に耐え得る先住民や移入労働者の安価な労働力を利用して,モノカルチャー経済を行なう企業的農業経営。作物は貿易品として価値のある香料作物,ゴム,チャ (茶) ,麻,キナノキ,コーヒー,カカオ,サトウキビ,バナナ,タバコなど。近年ではナショナリズムの高揚や合成品 (ゴム,繊維) の発明などによってかつての盛況はなく,多角経営化が進められている。 (→プランテーション制 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のプランテーション農業の言及

【熱帯農業】より

…休閑のない永続耕作の典型地では土壌肥沃度の高い地帯に限られる。(3)プランテーション農業 ヨーロッパの植民地政策として始められた,輸出を目的とした企業的な農業で,それぞれの地域での生産に適したサトウキビ,ゴム,チャ,コーヒー,アブラヤシなどが栽培されている。(4)その他の農業 水田以外の畑地では種々の形の混作が行われるほか,雑草を防除し生態的に病害虫を回避して,トウモロコシ,ダイズなどの作物が栽培されている。…

※「プランテーション農業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プランテーション農業の関連キーワードサントーメ・プリンシペアフリカ系アメリカ人サントメ・プリンシペブラック・アフリカモザンビーク(国)コートジボアール世界システムニコバル諸島カラブリア州テンゲル山地アサハン川サンパウロ赤道ギニアエステートガゼル半島バルバドスアフリカ史スリランカアグサン川黒人問題

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android