コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランテ Planté, Gaston

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランテ
Planté, Gaston

[生]1834.4.22. オルテ
[没]1889.5.21. パリ
フランスの電気学者。パリの工芸院物理学助手 (1854) を経て,人民学校付属工業学校物理学教授 (1860) 。 1859年に2枚の鉛電極を希硫酸に浸し,間にゴムの隔壁を設け,最初の蓄電池をつくった。 1860年にパリ科学アカデミーに提出した彼の蓄電池は,9層に重ねたもので,大電流を得ることができ,電気エネルギーを電池の化学エネルギーへと変換することをみごとに実証するものとして評価された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

プランテ【Raimond Louis Gaston Planté】

1834~1889) フランスの物理学者。実用的な鉛蓄電池を1859年に発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

プランテの関連キーワードジェームズタウン(イギリス領セント・ヘレナ島)キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観ナッチェス(アメリカの地名)ペパーポット自然公園プランテーション制シナモンガーデンズランテコンボラ山チャンタブリー県フェイジョアーダマウナロアタウンプランテーションコンポンチャムエマ クイーンアスンシオン島ラナイシティーラッセル諸島チョイスル島エンパンゲニアンバンジャエステート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プランテの関連情報