コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリスキアヌス プリスキアヌス Priscianus Caesariensis

2件 の用語解説(プリスキアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリスキアヌス
プリスキアヌス
Priscianus Caesariensis

6世紀初頭に活躍したローマの文法学者。マウレタニアカエサレア出身。現存する主著『文法教程』 Institutiones Grammaticae (18巻) はラテン語古典文法を後世に伝える重要な典拠となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プリスキアヌス【Priscianus Caesariensis】

6世紀のローマの文法学者。生没年不詳。北アフリカの出身。コンスタンティノープルで教鞭をとる。主著の《文法教程》全18巻は最も詳細なラテン語の文法書である。それまでの文法書が取りあげなかった構文論に2巻を割いているのが大きな特徴である。本の構成および記述はアポロニオス・デュスコロスとその息子ヘロディアノスの共著《ギリシア語文法論》に多くを負っている。キケロウェルギリウスホラティウスら古典期の作家の文例を豊富に収録し,中世を通じて広範囲にわたって利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プリスキアヌスの関連キーワードガイウスゾシモスティマイオスドナトゥスプロブスヘロディアノスラベオローマの祭アポロニオス・デュスコロスピソ・フルギ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone