コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリスキアヌス プリスキアヌスPriscianus Caesariensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリスキアヌス
Priscianus Caesariensis

6世紀初頭に活躍したローマの文法学者。マウレタニアのカエサレア出身。現存する主著『文法教程』 Institutiones Grammaticae (18巻) はラテン語古典文法を後世に伝える重要な典拠となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プリスキアヌス【Priscianus Caesariensis】

6世紀のローマの文法学者。生没年不詳。北アフリカの出身。コンスタンティノープルで教鞭をとる。主著の《文法教程》全18巻は最も詳細なラテン語の文法書である。それまでの文法書が取りあげなかった構文論に2巻を割いているのが大きな特徴である。本の構成および記述はアポロニオス・デュスコロスとその息子ヘロディアノスの共著《ギリシア語文法論》に多くを負っている。キケロ,ウェルギリウス,ホラティウスら古典期の作家の文例を豊富に収録し,中世を通じて広範囲にわたって利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プリスキアヌスの関連キーワードアポロニオス・デュスコロスアポロニオスラテン語教育

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android