コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリントビーム ふりんとひいむ,ぷりんとびーむ

1件 の用語解説(プリントビームの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

プリントビーム

 キヤノンが、一部のワイヤレス(無線)プリントの機能を指して使用している呼称。赤外線通信IrDA )およびBluetoothを利用して、カメラ付き携帯電話で撮った写真をプリンターから直接プリントできる機能を指す。ワイヤレスで転送できるのは写真のほか、携帯電話に保存されているメールや電話帳など。もちろん、携帯電話、プリンター双方が赤外線通信機能を搭載していなければ成り立たない。当初はコンパクトプリンターから普及が進み、いまでは複合プリンターなどにも搭載が進んでいる。  ただ、高解像度・大容量の写真を記録するデジタルカメラのワイヤレス送信においては、赤外線通信では速度・容量ともに足りないため、無線LANを使う。キヤノンのIXY WIRELESSや、ニコンCOOLPIX S51Cなどがそう。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

プリントビームの関連キーワードワイヤレスキーボードワイヤレスUSBワイヤレスLAN無線ワイヤレスワイヤレスマイクロホン無線WANワイヤレスマイクワイヤレスWAN

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone