コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルトス Ploutos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルトス
Ploutos

ギリシア神話の富の神。大地女神デメーテルが,クレタ島の畑の上で,愛人イアシオンと交わって生んだ子とされ,デメーテルおよび娘のペルセフォネとともに,豊穣の角を持つ童児の姿に表わされることが多い。アリストファネスの喜劇には,目が見えないため悪人ばかり富ませる盲目の神として登場する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルトス
ぷるとす
Plutos

ギリシア神話の富の神。女神デメテルが、英雄イアシオンと「三度鋤(す)き返された畑」で交わって生まれた子であるという。畑の中での交合は、豊穣(ほうじょう)を祈る農耕儀礼の反映と考えられ、大地の女神デメテルと、彼女に豊かな実りを与える畑の精霊であると同時に、雨の神格でもあるイアシオンとの間に生まれたプルトスは、したがって収穫の富と穀物の富の神であった。彼はもともとデメテルやペルセフォネの命に従って大地に富をもたらしていたが、のちにはあらゆる国に往来して、見境もなく富を与えたり取り上げたりする気まぐれな神にされてしまった。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プルトスの関連キーワードギリシア神話エレクトラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android