アリストファネス(英語表記)Aristophanēs

デジタル大辞泉 「アリストファネス」の意味・読み・例文・類語

アリストファネス【Aristophanēs】[古代ギリシャの喜劇詩人]

[前445ころ~前385ころ]古代ギリシャの喜劇詩人。ペロポネソス戦争前後のアテナイアテネ)を風刺した作品が多い。作「雲」「平和」「女の平和」など。

アリストファネス【Aristophanēs】[アレクサンドリアの文献学者]

[前257ころ~前180ころ]アレクサンドリアの文献学者。ホメロスエウリピデスなどの校訂をした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「アリストファネス」の意味・わかりやすい解説

アリストファネス
Aristophanēs
生没年:前445ころ-前385ころ

古代ギリシア,アッティカ古喜劇の三大作家のひとり。そして,このアッティカ古喜劇という世界の文学史のなかできわめて特異な場所を占める文芸分野の完成者であり,またその死の証人でもある。彼の創作した喜劇は,20歳前の作と伝えられる《宴の人々(ダイタレス)》(前427)から,《福の神(プルトス)》(前388)に至るまで44編に及ぶと伝えられているが,そのうちの11編,すなわち《アカルナイの人々》(前425),《騎士》(前424),《》(前423),《蜂》(前422),《平和》(前421),《》(前414),《女の平和》《テスモフォリアを祝う女たち》(ともに前411),《蛙》(前405),《女の議会》(前392),《福の神》はほぼ完全な形で残っており,そのすべては邦訳によっても読むことができる。

 民会,将軍,煽動政治家,戦争,平和条約等の高度に現実的な問題や状況を舞台に乗せ,そこに登場したひとりの,現実的な意味では無力のアテナイ市民(典型的には,ペロポネソス戦争によって耕地を荒らされ最も大きな被害を受けている郊外農民)が,個人に残されている最後の力であるところの想像力,表現の力によって現実を逆にひざまずかせるというのが,アリストファネスないしはアッティカ古喜劇の独自の世界である。しかし,このアッティカ古喜劇独自の世界を見せているのは,《鳥》ないしは《女の平和》に至るまでであり,これ以後のアリストファネス喜劇はかなりその様相を,内容的にも形式的にも異にしており,破壊的な言語の力を失って,われわれが〈コメディ〉という言葉で想像しうるものにかなり近いものとなっている。アリストファネスの古喜劇期と,アテナイがギリシア世界の支配権を失うことになったペロポネソス戦争の期間は,ほぼ重なり合い,この文芸ジャンルが現実と相かかわることの深さを教えてくれる。彼の喜劇に登場する人物は,ギリシア神話の英雄たちというポピュラーな存在を舞台に乗せたアッティカ悲劇の場合とちがって,現実のアテナイ市民という,われわれにはきわめてなじみの薄い人々である。また,台詞に性的ないしは下半身的表現が充満し,さらにそれが劇の構成そのものに重要な意味合いを持ってくるという事態に対して,古典期アテナイ以後の人類は偏見なしには対応できなくなった。おそらくこの二つの理由によって,彼の喜劇は悲劇詩人たちと比較すると,不当に小さな影響力しか後世に及ぼしえなかった。わずかに,ローマ帝政期のサトゥラ(風刺)詩人ユウェナリス,ルネサンス期フランスのラブレーに,その破壊的な笑いの後継者を見いだすことができるのみである。しかし自由アテナイの,しかもその自由の崩壊寸前の最も緊張に満ちた時期の精神的代表者,証人としての価値は,トゥキュディデスとともに高く評価されてしかるべきである。

 古喜劇期以後のアリストファネス喜劇のうちとりわけ注目を引くものは,《蛙》である。三大悲劇詩人を失って沈滞したアッティカの演劇界を背景に,悲劇を捧げられ続けたディオニュソスが従者クサンティッポスとともに,黄泉(よみ)の国にこの三大詩人を訪れるという筋立てそのものが,すでに何かが終わってしまっているという感じをわれわれに抱かせるけれども,それとは別に,自作を弁護し,相手の作をけなす登場人物アイスキュロスとエウリピデスのやりとりのなかに,われわれはおそらく世界最古の自覚的な文芸批評の試みを読み取ることができるからである。内容空疎な大言壮語に陥る危険をはらんだ高揚(アイスキュロス)と卑俗に陥りやすい平易な表現態度(エウリピデス)との対比は,古代の文芸批評における根本問題として受け継がれ,紀元後1世紀の伝ロンギノス《崇高について》などを通して,近代文芸批評の成立と深い関係を有するに至っている。
執筆者:

アリストファネス(ビザンティンの)
Aristophanēs
生没年:前257ころ-前180ころ

アレクサンドリアの文献学者,文法家。ビザンティン(ビュザンティオン)に生まれる。前200年ころアレクサンドリア図書館の館長となり,ホメロス,ヘシオドス等の校訂を行う。《オデュッセイア》23章297行以下を削除したのは彼が最初。アリスタルコスとともに古典期の最良の作品をジャンルごとに選び,カノン(正典)の基礎を作った。悲劇・喜劇の《梗概》《方言集》《諺句集》,その他喜劇や文法に関する論文も書いた。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「アリストファネス」の意味・わかりやすい解説

アリストファネス
Aristophanēs

[生]前450頃.アテネ
[没]前388頃
ギリシア古喜劇の代表的作者。ペロポネソス戦争の時期に活躍し,喜劇を通じて反戦論を唱え,政治,文化,教育など国家社会の問題を取上げて批判し,個人風刺とパロディー風な表現を自由に行なった。作品 40編中 11編が現存。『アカルナイの人々』 Acharnēs (前 425上演) ,『騎士たち』 Hippēs (前 424) ,『』 Nephelai (前 423) ,『すずめ蜂』 Sphēkes (前 422) ,『平和』 Eirēnē (前 421) ,『』 Ornithes (前 414) ,『リュシストラテ (女の平和) 』 Lȳsistratē (前 411) ,『テスモフォリアの女たち』 Thesmophoriazousai (前 411) ,『』 Batrachoi (前 405) ,『女の議会』 Ekklēsiazousai (前 392/89) ,『福の神』 Plutos (前 388) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「アリストファネス」の意味・わかりやすい解説

アリストファネス

アテナイの喜劇詩人。古代ギリシア,アッティカ古喜劇の代表者。44編あるといわれる作品のうち,11編が現存。活躍期はペロポネソス戦争でアテナイが苦しんだ時代で,終始平和主義に徹した保守主義者であった。毒舌と悲劇の名文句のもじりとわいせつな台詞(せりふ)で鋭い時事風刺を行う。《雲》においてソクラテスを茶化したこと,《蛙》その他におけるエウリピデス批判,《女の平和》の性的ストライキによる奇抜な和平運動は有名である。→ギリシア喜劇
→関連項目ギリシア演劇クレオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「アリストファネス」の解説

アリストファネス
Aristophanes

前450頃~前385頃

古代ギリシアの最高の喜劇作者。アテネのいわゆる古喜劇を代表する作家で,その作品のうち『女の議会』『雲』など11編が現存する。その作風は痛烈な政治風刺と個人攻撃を特色とし,またペロポネソス戦争中につくられたため,『女の平和』のように戦争反対を主張した。晩年の作品は社会風刺の色彩が濃い。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「アリストファネス」の解説

アリストファネス
Aristphanēs

前448ごろ〜前380ごろ
古代ギリシア最大の喜劇詩人
アテネ民主政最盛期のペリクレス時代に生まれ,前期の活動はペロポネソス戦争の時代であった。衆愚政治に堕していく民主政を批判し,終始平和論を唱え,作品の中で風刺をした。『アカルナイの人びと』『平和』などがこれに属する。ソフィストへの攻撃も鋭い。アテネの敗北後は時事的関心が薄らいだ。現存作品は『女の議会』『雲』など11編。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のアリストファネスの言及

【女の平和】より

…前411年に上演されたアリストファネス作の喜劇。このころシチリア遠征に失敗したアテナイは,ペロポネソス戦争における主導権をすでに失っており,同年には,内政的にも,400人政権による民主政の破壊,さらにその400人政権の崩壊と激動が続き,アテナイ市民にとっては耐えがたい苦難の年であった。…

【ギリシア演劇】より

…しかし同時代の喜劇詩人エピカルモスは,プロメテウスを大盗人にしたて,人間も何を盗まれるかと戦々恐々としている様を語っている。演劇の神ディオニュソスも,エウリピデスの《バッコスの信女》の中に現れるときは凄惨な密儀宗教をつかさどる恐るべき神であるが,同じとき書かれたアリストファネスの《蛙》の中では,臆病で定見のない一人の演劇評論家にすぎない。神々のみならず伝説的な英雄たち,現実社会の有名人や権力者たちも,喜劇の舞台ではきわめて低俗な欲望の操り人形として容赦なくこきおろされる。…

【ギリシア文学】より

…続いてソフォクレス,エウリピデスらも観客の心眼を,人間の行為と運命を神々の眼からとらえる悲劇芸術の視点にまで高めようとしている。さらに特記すべきはアリストファネスの喜劇であろう。完全な言論の自由を喜劇詩人の特権として容認したアテナイ民主主義の特質も刮目(かつもく)に値する。…

【雲】より

…前423年にアテナイのディオニュシア祭において上演されたアリストファネス作の喜劇。家族の浪費のため借金に苦しんでいるアッティカ郊外の農夫ストレプシアデスは,この借金を返さずに済むようにと,〈負け目の議論を勝たせる法〉を伝授するとのうわさがあるソクラテスの学校へ入学する。…

【鳥】より

…前414年に上演されたアリストファネス作の喜劇。アテナイ人の主人公が,鳥たちをそそのかして雲の中に鳥の国を創らせ,神々に向かって昇ってゆく犠牲の煙を途中で差し押さえさせて,ついに兵糧攻めに参った神々が鳥たちに休戦条約を申し出るという筋立て。…

【本】より


[小アジア]
 プリニウスはパピルスについて記した《博物誌》の同じ場所で,皮紙がペルガモンで発明され,その後この材料の使用が一般に広がり,これによって人類の不滅性が確立したと述べている。ヘレニズム時代に文化の一大中心地となった小アジアのミュシアの首都ペルガモンの王エウメネス2世(在位,前197‐前159)は,父アッタロス1世の雄図をついで学芸の振興に力を注ぎ,アレクサンドリアのそれにも匹敵するほどの図書館を建てようと思い立ち,当時エジプトのプトレマイオス5世エピファネス王(在位,前205‐前180)のもとでアレクサンドリア図書館長をしていた文献学者,文法学者ビザンティンのアリストファネス(前257ころ‐前180ころ)を,ペルガモンの自分の宮廷に招こうとした。プトレマイオスは怒ってアリストファネスを獄に投じ,ペルガモンへのパピルス輸出を厳禁した。…

※「アリストファネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android