コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デメーテル Dēmētēr

翻訳|Dēmētēr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デメーテル
Dēmētēr

ギリシア神話の女神。農作物を産出する大地を母として神格化した地母神で,農耕の保護者。クロノスとレアの子で,兄弟のゼウスと交わり,ペルセフォネを産んだが,この愛娘をハデスにさらわれ,そのことを怒って神界を離れて人間界を放浪し,最後にはアッチカのエレウシスに来て,ケレオス王と妃メタネイラらの歓待を受け,メタネイラから赤子のデモフォンの養育を委託された。デモフォンを不死にしてやろうと,夜間火の中で可死の部分を燃やしているところをメタネイラにのぞき見されて失敗,今度は自分の正体を明かして,ケレオスに神殿を建設させ,そこにこもった。デメーテルの怒りの結果,大地が不毛に陥ったのに困却したゼウスが,ハデスに働きかけ,ペルセフォネが1年の一部は上界に戻り母と一緒に暮せるという妥協を成立させると,ようやく神界への復帰を承諾したが,その前にケレオスの王子トリプトレモスに麦の種と空を飛行する車を与えて,世界に農業を広めて回らせ,また自分とペルセフォネを主神とし,それにあずかる者には死後の幸福が保証される密儀を創設した。これが名高いエレウシスの密儀の由来であるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デメーテルの関連キーワードデメーテル[クニドス]アンフィクチオニアトロフォニオスポセイドン神殿テレステリオンキム スージャリベルとリベラテスモフォリア農耕起源神話天父と地母大御膳都神ポセイドンペルガモンカベイロイデスポイナイアシオンイアッコスプルトスペロプスイシス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デメーテルの関連情報