プレイステーション3(読み)ぷれいすてーしょん3(英語表記)PLAYSTATION3

知恵蔵の解説

プレイステーション3

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が2006年11月に発売した家庭用ゲーム機。同世代ゲーム機のトップシェアを持つ「プレイステーション2」の後継機であり、それをはるかにしのぐ能力を持つ。CPU(中央処理装置)に、IBM・東芝と共同開発した「CELL」を採用、同価格帯のパソコンやAV家電以上に高度なグラフィックス性能を誇る。また、次世代光ディスク「ブルーレイディスク」(BD)ドライブを搭載し、安価なBDプレーヤーとしても高いニーズがあり、ハイビジョンテレビとの親和性から、ソニーAV戦略の中核を担う存在ともなっている。ただし、その飛び抜けた性能の代償として、本体価格はゲーム機としては比較的高価。発売当初はライバル企業の製品に比べ2万円程度高かったため、売り上げがはかばかしくなかったが、07年11月に、プレイステーション2とのソフト互換性を排除した廉価版を3万9980円(税込み)で発売、ようやく普及が軌道に乗り始めた。ただし、普及台数では任天堂、マイクロソフトなどの製品の後塵を拝しており、爆発的に普及したプレイステーション2のような、ゲーム業界での支配的な地位を得られないのでは、との声もささやかれている。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

プレイステーション‐スリー【プレイステーション3】

PlayStation 3》ソニー・コンピュータエンタテインメント社が開発したコンピューターゲーム機。プレイステーション2の後継機として平成18年(2006)に発売。セルブロードバンドエンジンと呼ばれるマルチコアプロセッサー、高性能のGPU、大容量のハードディスクを搭載。CDDVDブルーレイディスクの再生が可能なほか、ブルートゥースワイファイなどのネットワーク規格に対応している。PS3プレステ3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

プレイステーションスリー【プレイステーション3】

ソニー・コンピュータエンタテインメントの家庭用据え置き型ゲーム機。プレイステーション2の後継機種として、平成18年(2006)に発売。IBM・東芝・ソニーが共同開発したCPU、ソニーとNVIDIA(エヌビディア)が開発したGPU、およびBlu-ray Disc(ブルーレイディスク)ドライブを搭載。また映像出力端子にはHDTV相当の高精細画像を出力するHDMIを備える。◇欧文表記は「PlayStation3」。略して「プレステ3」ともいう。また、「PS3(ピーエススリー)」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレイステーション3の関連情報