コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレシオジテ プレシオジテ préciosité

1件 の用語解説(プレシオジテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレシオジテ
プレシオジテ
préciosité

17世紀前半のフランスで,男性に服従を強いられていた女性の復権を,恋愛を通じて行おうとした一種のフェミニズムで,ランブイエ侯爵夫人スキュデリー嬢のサロンを母体にして生れた。文学では,感覚と言語表現の極端な洗練を目指す風潮となって現れ,16世紀の粗野な風俗を正す意図があったが,次第に滑稽に陥り,モリエール (『才女気どり』) らの風刺の的となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプレシオジテの言及

【サロン】より

…フロンドの乱(1648‐53)のころには政治サロンも開かれたが,以後はスキュデリー嬢のサロンを中心に,フランス語の洗練に主力が注がれた。それが行き過ぎ,あまりにも気取った表現が乱用されたので(このような気取りをプレシオジテpréciositéと呼ぶ),モリエールらの嘲笑を招く結果にもなった(《プレシューズ(才女気取り)》など)。この時期には,パリをまねた地方都市のサロンも多くなった。…

※「プレシオジテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プレシオジテの関連キーワードギヨーム・ド・ロリスハバネラブランル亡命文学フランスデモフランス領ソマリランドフランス・デパート殺人事件ユグノー教徒バッカスと呼ばれた男《19世紀のフランス料理技術》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone