コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレシューズ précieuse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレシューズ
précieuse

17世紀前半のフランスの文学サロンにおける,才色兼備の女性をさす。ランブイエ侯爵夫人スキュデリー嬢のサロンを中心に,優雅な礼儀作法,言葉づかいを心がけたが,それが過度になって,「気どった女」の意味をもつようになった。モリエールの『才女気どり』 (1659) は,その風潮を風刺したもの。 (→プレシオジテ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のプレシューズの言及

【サブレ夫人】より

…フランスの女流文人。若年の時から才女としてランブイエ侯夫人のサロンで評判が高く,プレシューズと呼ばれる才女の女権論者たちに影響を与えた。後年,自身もサロンを開き,特にジャンセニスト系の人々が集まり,思想,文学を論じた。…

※「プレシューズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プレシューズの関連キーワードスキュデリ嬢サブレ夫人

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android