才色兼備(読み)さいしょくけんび

四字熟語を知る辞典「才色兼備」の解説

才色兼備

女性がすぐれた才能容貌とを兼ね備えていること。

[使用例] 老女はある地方の名家の娘で、才色兼備うたわれていたが〈〉恋におちて駈け落ちしたのだという[倉橋由美子*白い髪の童女|1969]

[使用例] 半年も経ずして井上塾に荻野ぎんという才色兼備の女性がいることは、東京の国学者の間でも評判になり始めていた[渡辺淳一*花埋み|1970]

[解説] 「才色」は才知容色、才能と容貌という意味で、古くは「さいしき」ともいいました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「才色兼備」の解説

さいしょく‐けんび【才色兼備】

〘名〙 女性がすぐれた才能と美しい顔かたちとをもっていること。さいしきけんび。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「彼をして才色兼備の良婦を得せしめはんことを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「才色兼備」の解説

さいしょく‐けんび【才色兼備】

女性がすぐれた才知と美しい顔かたちをもっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android