コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレビッシュ理論 プレビッシュりろん

1件 の用語解説(プレビッシュ理論の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プレビッシュ理論【プレビッシュりろん】

アルゼンチンの経済学者プレビッシュR. Prebish(1901年−1986年)の経済開発に関する理論。1950年代から1960年代にかけて国連ラテン・アメリカ経済委員会(ECLAECLAC),国連貿易開発会議UNCTAD)の要職にあった彼がその政策提言の根拠としたもので,発展途上国の経済開発は国内の諸要因のみならず,そのおかれた国際的な位置,とくに先進国との特定の関係によって制約されているとし,それを製造工業品に特化する中心国と一次産品に特化する周辺国の関係としてとらえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のプレビッシュ理論の言及

【ラテン・アメリカ】より

…すなわちブラジル,メキシコなど一部の国々を除き工業の発展が遅れ,各国経済の第1次産業への依存度が高いこと,近代的な生産構造が確立しておらず生産力水準・生産効率が相対的に低いこと,所得の不平等分配が著しくかつ高額所得者層の投資意欲が低いため国内資本形成が遅れていること,資本,技術,生産財供給において先進諸国への依存度が高いことなどで,対外的に脆弱な経済構造が温存されていることなどである。こうした低開発性の根源を究明する経済理論として第2次世界大戦以降ラテン・アメリカの中からプレビッシュ理論(プレビッシュ報告),従属論,構造学派の理論などが提起され,対外従属的な低開発経済を改める戦略として,工業育成,国内の資本形成,技術開発,企業家養成,土地改革を含む制度改革,域内協力などの政策が提起された。これらの開発をめぐる理論や政策はラテン・アメリカだけでなく他の開発途上諸国にも大きな影響を及ぼした。…

※「プレビッシュ理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プレビッシュ理論の関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴピアソラミロンガプエルトイグアス食料経済学ドゴ・アルヘンティーノ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone