プロテインエンジニアリング(英語表記)protein engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロテインエンジニアリング
protein engineering

生体内で重要な役割を果たす酵素や抗体など,天然の蛋白質を改変し,新たな機能を付与したり,蛋白質自体の機能を向上させて,新しい蛋白質を作ること。 1983年アメリカのジェネックス社の K. M.ウルマーによって提唱された。遺伝子組み換え技術を利用することにより,酵素のアミノ酸を置換して耐熱性を向上させたり,基質特異性を変化させたり,異種の蛋白質を融合して新たな多機能蛋白質を作製したり,コンピュータ・グラフィックスを利用して蛋白質の構造と機能の相関を解析するなどの研究が盛んに行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android