コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白質工学 たんぱくしつこうがくprotein engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白質工学
たんぱくしつこうがく
protein engineering

天然蛋白質をさまざまに改変したり,全く新しい蛋白質を生産する技術を研究する学問領域。蛋白質は酵素免疫抗体,生体情報伝達物質として生物の活動にきわめて重要な役割を果たしているが,このような蛋白質の特異的な機能を医療,化学工業,エレクトロニクス,食品工業など広い分野でより有効に利用することを目的としている。 1983年にアメリカの K.ウルマーによって提唱され,バイオテクノロジーの中心課題の一つとなっている。すでに天然蛋白質の改変 (酵素活性,熱安定性などの改良) では,見るべき成果が上がっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんぱくしつこうがく【蛋白質工学】

遺伝子組み換えや化学的手法によってタンパク質の構造を変え、新たに優れた性質のタンパク質を創出して研究・利用するバイオテクノロジーの一手法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蛋白質工学の関連キーワード好熱菌酵素タンパク質遺伝子工学レニン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android