蛋白質工学(読み)たんぱくしつこうがく(英語表記)protein engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然蛋白質をさまざまに改変したり,全く新しい蛋白質を生産する技術を研究する学問領域。蛋白質は酵素免疫抗体,生体情報伝達物質として生物の活動にきわめて重要な役割を果たしているが,このような蛋白質の特異的な機能を医療,化学工業,エレクトロニクス,食品工業など広い分野でより有効に利用することを目的としている。 1983年にアメリカの K.ウルマーによって提唱され,バイオテクノロジーの中心課題の一つとなっている。すでに天然蛋白質の改変 (酵素活性,熱安定性などの改良) では,見るべき成果が上がっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 利用価値の高い蛋白質の構造を人為的に変え、新しい蛋白質を作り出す技術。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android