プロトゲネス(英語表記)Prōtogenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロトゲネス
Prōtogenēs

古代ギリシアの画家,彫刻家。前4世紀後半にロドス島に住み活躍したといわれる。画家アペレスの友人で好敵手。彼に比べて画風は優雅と格調において若干劣るが,精密さではすぐれていたと伝えられる。作品には,『サチュロス』『イアリュソス』などがあり,ローマのキケロの時代までは残っていた。絵画論を著わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android