コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロト癌遺伝子 プロトがんいでんしproto-oncogene

1件 の用語解説(プロト癌遺伝子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロト癌遺伝子
プロトがんいでんし
proto-oncogene

原形癌遺伝子とも呼ばれ,正常な細胞がもっている癌遺伝子をさす。プロト癌遺伝子は,正常細胞の増殖や分化の制御に重要な働きをしていることがわかっている。タイプとしては,(1) 細胞膜上で働く増殖因子とそのレセプター (受容体) の遺伝子,(2) リン酸化によって蛋白質の機能を変化させる酵素の遺伝子,(3) 細胞内でシグナル伝達の仲介をする蛋白質の遺伝子,(4) 核で作用し,遺伝子の転写を制御する遺伝子の4つに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone