コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロト癌遺伝子 プロトがんいでんしproto-oncogene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロト癌遺伝子
プロトがんいでんし
proto-oncogene

原形癌遺伝子とも呼ばれ,正常な細胞がもっている癌遺伝子をさす。プロト癌遺伝子は,正常細胞の増殖や分化の制御に重要な働きをしていることがわかっている。タイプとしては,(1) 細胞膜上で働く増殖因子とそのレセプター (受容体) の遺伝子,(2) リン酸化によって蛋白質の機能を変化させる酵素の遺伝子,(3) 細胞内でシグナル伝達の仲介をする蛋白質の遺伝子,(4) 核で作用し,遺伝子の転写を制御する遺伝子の4つに分けられる。これらの遺伝子に変異が生じたり異常に活性化すると,細胞の機能に狂いが生じ癌細胞になるわけだが,複数の遺伝子の異常がからんでいてメカニズムはまだ解明されいない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android