コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘクシャー=オリーン定理 ヘクシャー=オリーンていり Heckscher-Ohlin theorem

1件 の用語解説(ヘクシャー=オリーン定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクシャー=オリーン定理
ヘクシャー=オリーンていり
Heckscher-Ohlin theorem

国際貿易の発生原因とその結果に関する理論で,E.ヘクシャーが提起し,その弟子 B.オリーンによって発展させられたのでこの名がある。広義には次の2つの命題すなわち,(1) 国際貿易行われる原因は,各国の生産要素賦存比率が異なるためで,各国がそれぞれの国にとって相対的に豊富な生産要素を集約的に用いる財の生産に特化してその財を輸出する,(2) このような国際貿易が行われると各国の生産要素の相対価格は均等化する,というものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘクシャー=オリーン定理の関連キーワード国際貿易標準国際貿易分類病理MFA国際貿易憲章等流発生予察事業ITO(国際貿易機構)《域際・国際貿易》国際貿易機構

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone