コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘクシャー=オリーン定理 ヘクシャー=オリーンていりHeckscher-Ohlin theorem

1件 の用語解説(ヘクシャー=オリーン定理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクシャー=オリーン定理
ヘクシャー=オリーンていり
Heckscher-Ohlin theorem

国際貿易の発生原因とその結果に関する理論で,E.ヘクシャーが提起し,その弟子 B.オリーンによって発展させられたのでこの名がある。広義には次の2つの命題すなわち,(1) 国際貿易行われる原因は,各国の生産要素賦存比率が異なるためで,各国がそれぞれの国にとって相対的に豊富な生産要素を集約的に用いる財の生産に特化してその財を輸出する,(2) このような国際貿易が行われると各国の生産要素の相対価格は均等化する,というものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone