ヘクシャー=オリーン定理(読み)ヘクシャー=オリーンていり(英語表記)Heckscher-Ohlin theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘクシャー=オリーン定理
ヘクシャー=オリーンていり
Heckscher-Ohlin theorem

国際貿易の発生原因とその結果に関する理論で,E.ヘクシャーが提起し,その弟子 B.オリーンによって発展させられたのでこの名がある。広義には次の2つの命題すなわち,(1) 国際貿易の行われる原因は,各国の生産要素賦存比率が異なるためで,各国がそれぞれの国にとって相対的に豊富な生産要素を集約的に用いる財の生産に特化してその財を輸出する,(2) このような国際貿易が行われると各国の生産要素の相対価格は均等化する,というものである。慣行としてヘクシャー=オリーンの定理 (要素賦存定理ともいう) という場合は,(1) だけをさすことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android