コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘタイライ hetairai

世界大百科事典 第2版の解説

ヘタイライ【hetairai】

〈女友だち〉もしくは〈情婦〉の意味をもつ古代ギリシア語で,一般の売春婦(ポルナイpornai)と対比して,教養ある遊女を表すのに用いられた。ヘタイラ(単数形)は前7世紀頃からイオニア地方やギリシア本土に現れはじめ,古典期にはアテナイやコリントスのような港町がそのヘタイラの数の多さと質の高さで有名であった。一方スパルタではヘタイラはみられなかった。音楽や踊りに熟練し,文学・芸術・哲学にもしばしば精通したヘタイラとの交際は,下品なこととはみなされず,妻女が姿をみせることのない宴席では彼女たちがホステスの役をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘタイライの言及

【売春】より

…立法者ソロンはアテナイに初めて公共娼家を設けたと伝えられ,そこに属する売春婦たちは,それとわかる服装を強制され,他の街区への移動や宗教儀礼への参加を禁じられていたという。このほかギリシアには,厳密な意味での売春婦と規定するには微妙であるが,宴席での歌舞音曲をこととする女性たちや,ヘタイライの名で知られる階層があった。とくに後者の中からは,彫刻家プラクシテレスのモデルとなったフリュネ,政治家ペリクレスの寵を得て多くの芸術家に囲まれたアスパシア,実在は疑わしいがアレクサンドロスその他の王に愛され,キリスト教の聖女伝説にもその名を残すタイスなど,著名な女性が出ており,文化史上注目に値する。…

※「ヘタイライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘタイライの関連キーワードアスパシアフリュネ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android