コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘック反応 ヘックハンノウ

1件 の用語解説(ヘック反応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘック‐はんのう〔‐ハンオウ〕【ヘック反応】

有機化合物を合成する化学反応の一。パラジウム触媒とするクロスカップリング反応の先駆的な例として知られ、有機ハロゲン化物とアルケン(エチレン系炭化水素)の炭素どうしを選択的に結びつける。昭和46年(1971)に日本の溝呂木勉ら、昭和47年(1972)に米国のリチャード=ヘックらが独立して発見。平成22年(2010)、ヘックは同業績により根岸英一鈴木章とともにノーベル化学賞を受賞した。溝呂木ヘック反応

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘック反応の関連キーワードジアゾ反応ヘック有機化学化学合成クロスカップリング反応鈴木カップリング反応根岸カップリング反応グリニヤール反応合成速度山本尚

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone