コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木章 すずきあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木章
すずきあきら

[生]1930.9.12. 北海道,鵡川
日本の有機合成化学者。1960年北海道大学理学研究科博士課程を修了,同工学部助教授となる。1963年アメリカ合衆国のパーデュー大学博士研究員としてハーバート・C.ブラウン教授に有機ホウ素化学を学ぶ。1965年帰国後,1973年に北海道大学教授となり 1994年退官,名誉教授となる。京都大学の熊田誠,玉尾皓平,パーデュー大学根岸英一らのクロス(交差)カップリング反応に続いて,1979年に宮浦憲夫らと有機ホウ素化合物とパラジウム触媒を用いて,2種の有機化合物を炭素‐炭素結合で生成させ,より複雑な有機分子をつくる,いわゆる鈴木=宮浦クロスカップリング反応の生成に成功した。この反応は,それまでのクロスカップリング反応に比べ,より穏やかな条件でより幅広い対象に応用でき,製品に毒性も少ないという特徴をもつ。特に 2個のベンゼン環を炭素結合で結んだビアリール化合物の合成には有効である。工業的な応用例は数多く,医薬品,農薬,液晶,有機発光ダイオードなどの合成に使われている。2010年に「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」でノーベル化学賞をリチャード・F.ヘック,根岸とともに受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鈴木章【すずきあきら】

化学者。ノーベル化学賞受賞(2010年)。北海道鵡川町(現むかわ町)出身。苫小牧高等学校から北海道大学理学部に進学,同大学院博士課程を修了後,北大助手。60年,学位取得(理学博士)。
→関連項目クロスカップリングノーベル賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木章 すずき-あきら

1930- 昭和後期-平成時代の有機化学者。
昭和5年9月12日生まれ。母校北大の助手,助教授をへて,昭和48年教授。のち倉敷芸術科学大教授。54年の有機ホウ素化合物のクロスカップリング反応の発見など,汎用性の高い合成法を開発した。平成16年「パラジウム触媒を活用する新有機合成反応の研究」で辻二郎とともに学士院賞。22年「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」の業績で根岸英一,リチャード・ヘックとともにノーベル化学賞を受賞。同年文化功労者,文化勲章。23年学士院会員。北海道出身。北大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木章
すずきあきら
(1930― )

化学者。昭和5年北海道に生まれる。1954年に北海道大学理学部卒業、1960年に北大で博士号を取得。1963年から1965年まで、アメリカ合衆国のパデュー大学の研究員として留学。1973年に北大工学部教授、1988年にイギリスのウェールズ大学招聘(しょうへい)教授。1994年(平成6)北大を退官、同大名誉教授となる。2種の有機化合物を結びつけて新しい化合物をつくりだすカップリングの研究開発に取り組む。2010年(平成22)に「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング」の業績により、リチャード・ヘック、根岸英一とともにノーベル化学賞を受賞した。
 カップリングの研究では、化学反応を仲介する触媒と、2種の化合物の材料を効率よく結びつけることがポイントになる。ノーベル賞を共同受賞したヘックは、1972年にパラジウムを触媒として使い、カップリングを効率よく進めて意図したとおりの化合物をつくりだす方法を確立した。これをきっかけに、反応の効率を高める触媒と、2種の材料が結びつくときのつなぎ替えの目印にどのような物質を使うかで新たな研究競争が始まった。共同受賞者の根岸は、触媒にパラジウムを使い、つなぎ替えの目印にリチウムやマグネシウムを試みたが反応が強すぎてパラジウムの働きを弱めてしまうことが判明。その後、亜鉛化合物を使う方法で実験を重ねた結果、より効率よく安定した反応が得られ幅広い応用の道を切り開いた。これは「根岸カップリング」とよばれる。鈴木は、より安全で扱いやすい合成法の開発に取り組み、有機ホウ素化合物を使い、汎用性の高い「鈴木カップリング」を開発した。この方法はカップリングの傑作とされている。こうしたカップリング法の開発と発展は、薬剤の開発と創薬、農薬の製法などに多くの新商品をもたらしただけでなく、液晶材料の製法、有機ELディスプレーの製造などにも使われ、工業界に多大な貢献を果たした。2010年に文化功労者に選ばれ、文化勲章を受章した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木章の関連キーワードリチャード ヘック都議会ヤジ問題辻二郎(2)有機合成化学ヘック反応ジミー竹内阿川泰子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木章の関連情報