コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘッセン=カッセル Hessen-Kassel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘッセン=カッセル
Hessen-Kassel

ドイツ旧領邦ヘッセン方伯領の一部。ヘッセンは 13世紀以後ブラバント家が支配したが,16世紀後半英主フィリップ・フォン・ヘッセンの死後,領土は4子に分割された。その北半部のヘッセン=カッセルは従来の首都カッセルを受継ぎ,三十年戦争時,新教側に属して旧教軍の攻撃を受けたが,その後絶対主義的な統治を樹立,18世紀には学芸も振興された。外交上はイギリスと接近し,アメリカ独立戦争の際,2万のヘッセン兵を提供した。 1803年ウィルヘルム1世は選帝侯の地位を得,06年ナポレオン1世はこの国をウェストファリア王国に併合。ナポレオン没落とともに再興されたが,以後ドイツ連邦のもとではおおむね反動体制を持続し,プロシア=オーストリア戦争の際オーストリアに味方し,領土をプロシアに併合されて滅亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘッセン=カッセルの関連キーワードフレデリック1世[スウェーデン王]ヘッセン=ダルムシュタットヴィルヘルムスヘーエ城公園ウルリーカ・エレオノーラウィルヘルムスヘーエ城プロテスタント同盟ラドウィッツヘッセン州モーリッツジーゲン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android