コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘットナー石 ヘットナーせきHettner-Stein

1件 の用語解説(ヘットナー石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘットナー石
ヘットナーせき
Hettner-Stein

飛騨山脈南東麓を流れる梓川のほとりで,ドイツ地理学者 A.ヘットナーが見出した擦痕のある花崗岩。 1913年来日の際発見,これが氷食作用を受けたものとされ,地理学界に問題を提供した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のヘットナー石の言及

【ヘットナー】より

…1882‐84年南米コロンビアを調査,以後再度の南米行(1888‐90)のほか,ロシア(1897),北アフリカ(1911),アジア(1913‐14)と諸地方を旅行した。アジア研究旅行の際は来日し,日本アルプスを踏査,〈ヘットナー石〉を発見(1913)している。ヘットナー石は長野県の梓川の稲核(いねこき)橋付近にあった花コウ岩塊で,ヘットナーは擦痕からモレーンであると考え(後に山崎直方が命名),日本における氷河論争の発端の一つになった。…

※「ヘットナー石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone