コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梓川 あずさがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梓川
あずさがわ

長野県中西部,松本市中央に位置する旧村域。松本盆地の西部,梓川左岸にある。 1955年梓村と倭村が合体して梓川村が成立。 2005年松本市に編入。西半は山地であるが,東半は梓川の扇状地で,おもに果樹・野菜栽培が行なわれる。各所に道祖神がある。

梓川
あずさがわ

長野県西部を流れる川。全長 77km。飛騨山脈槍ヶ岳に源を発し,上高地貫流,松本盆地に出て,北流する奈良井川と合流して犀川となる。上流の上高地では明神池大正池などの景勝地が多い。その下流では壮年期の深い渓谷をなし,1925年以来多くの発電所が建設されたが,なかでも奈川渡ダムをはじめ,水殿 (みどの) ,稲核 (いねこき) の3ダムは,日本最初の連結式ダムとして知られる。島々から下流では,松本盆地に広い扇状地を形成。上流部は中部山岳国立公園に属する。川に沿って国道 158号線 (野麦街道) が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

梓川【あずさがわ】

長野県西部,飛騨山脈の槍ヶ岳東方に発し,松本盆地に扇状地をつくり,奈良井川と合し犀(さい)川となる。長さ77km。古代には梓水神が祀られ,江戸時代には洪水の記録が少なくない。
→関連項目明科[町]犀川常念岳徳本峠波田[町]焼岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずさがわ【梓川】

長野県西部の川。信濃川の最大の支流である犀(さい)川の主要支流。槍ヶ岳に源を発し,北アルプスの奥山と前山の間を南流して,松本盆地に出る。ここからは北流して,松本盆地の中央部で,木曾地方から流れてくる奈良井川と合流して犀川となる。北アルプスを刻んで流れる梓川の渓谷美は日本でも一流で,上高地大正池をはじめ,多くの景勝地に恵まれて,中部山岳国立公園を代表する地域になっている。 槍ヶ岳に発した梓川は,穂高連峰の東麓を流れ,徳沢付近で谷の幅がやや広くなり,明神岳南麓には穂高神社の奥宮がある明神池がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あずさがわ【梓川】

長野県中部の川。飛驒山脈の槍ヶ岳に源を発し、松本盆地で犀川さいがわとなるまでの川。長さ77キロメートル。上流部に上高地かみこうちがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕梓川(あずさがわ)


長野県西部を流れる犀(さい)川上流部の別称。延長77km。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の槍ヶ(やりが)岳東麓(とうろく)に源を発し、上高地(かみこうち)・梓湖を経て北東流。松本(まつもと)市で奈良井(ならい)川を合わせて犀川となる。上高地は中部山岳国立公園の中心をなす観光地で、キャンプ場などが集まる。中流部は奈川渡(ながわど)ダム・水殿(みどの)ダム・稲核(いねこき)ダムが連続し、一大電源地帯を形成。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

梓川の関連キーワードケショウヤナギ(化粧柳)犀川(川、長野県)梓川(旧村名)ヘットナー石波田[町]安曇[村]三郷[村]ヘットナーキャンプ場上高地温泉梓川〈村〉中ノ湯温泉奈川〈村〉波田〈町〉坂巻温泉白骨温泉飯島正一大天井岳飛驒山脈拾ヶ堰

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梓川の関連情報