梓川(読み)あずさがわ

  • あずさがわ あづさがは
  • あずさがわ〔あづさがは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長野県西部松本市中央に位置する旧村域。松本盆地の西部,梓川左岸にある。 1955年梓村と倭村が合体して梓川村が成立。 2005年松本市に編入。西半は山地であるが,東半は梓川の扇状地で,おもに果樹・野菜栽培が行なわれる。各所に道祖神がある。
長野県西部を流れる川。全長 77km。飛騨山脈槍ヶ岳を発し,上高地貫流,松本盆地に出て,北流する奈良井川と合流して犀川となる。上流の上高地では明神池大正池などの景勝地が多い。その下流では壮年期の深い渓谷をなし,1925年以来多くの発電所が建設されたが,なかでも奈川渡ダムをはじめ,水殿 (みどの) ,稲核 (いねこき) の3ダムは,日本最初の連結式ダムとして知られる。島々から下流では,松本盆地に広い扇状地を形成。上流部は中部山岳国立公園に属する。川に沿って国道 158号線 (野麦街道) が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

長野県西部,飛騨山脈の槍ヶ岳東方に発し,松本盆地に扇状地をつくり,奈良井川と合し(さい)川となる。長さ77km。古代には梓水神が祀られ,江戸時代には洪水の記録が少なくない。清澄な流れの上流には上高地大正池がある。川沿いに国道158号が通じ,奈川渡(ながわど)ダム,登山基地の島々がある。
→関連項目明科[町]犀川常念岳徳本峠波田[町]焼岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

長野県西部の川。信濃川の最大の支流である犀(さい)川の主要支流。槍ヶ岳に源を発し,北アルプスの奥山前山の間を南流して,松本盆地に出る。ここからは北流して,松本盆地の中央部で,木曾地方から流れてくる奈良井川と合流して犀川となる。北アルプスを刻んで流れる梓川の渓谷美は日本でも一流で,上高地大正池をはじめ,多くの景勝地に恵まれて,中部山岳国立公園を代表する地域になっている。 槍ヶ岳に発した梓川は,穂高連峰の東麓を流れ,徳沢付近で谷の幅がやや広くなり,明神岳南麓には穂高神社の奥宮がある明神池がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

長野県中部の川。飛驒山脈の槍ヶ岳に源を発し、松本盆地で犀川さいがわとなるまでの川。長さ77キロメートル。上流部に上高地かみこうちがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

長野県中西部を流れる犀(さい)川の上流部。槍ケ岳に源を発し、上高地をへて松本市で奈良井川と合流するまでをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梓川の関連情報