コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘデン輝石 ヘデンきせきhedenbergite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘデン輝石
ヘデンきせき
hedenbergite

灰鉄輝石ともいう。 Ca(Mg,Fe)Si2O6 。カルシウム,鉄に富む輝石の一種。比重 3.50~3.56,硬度6。花崗岩閃長岩などの深成岩鉄橄欖石を伴って産出し,石灰岩や鉄の多い堆積岩が接触変成作用を受けた部分にも生成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヘデン輝石の言及

【輝石】より

…それらは単斜エンスタタイトclinoenstatiteと単斜フェロシライトclinoferrosiliteの固溶体である。その他の主要な純粋の単斜輝石はCaMgSi2O6(透輝石),CaFe2+Si2O6(ヘデン輝石hedenbergite。灰鉄輝石ともいう),NaFe3+Si2O6(エジリンまたはアクマイトacmite。…

※「ヘデン輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘデン輝石の関連キーワードオンファス輝石カルシウムスカルン単斜輝石灰鉄輝石

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android