灰鉄輝石(読み)かいてつきせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰鉄輝石
かいてつきせき
hedenbergite

輝石の一種。ヘデンベルグ輝石ともいう。スカルン中によく産し、灰礬(かいばん)ざくろ石、緑簾(りょくれん)石などを伴う。分解しやすく、粘土鉱物の一種であるノントロン石に変化することも多い。そのほか、鉄に富む変成岩、花崗(かこう)岩、閃長(せんちょう)岩、各種火山岩などにも産する。普通、繊維状ないし長柱状結晶の集合をなす。自形結晶は単純な四角柱状のものが多い。透輝石およびヨハンセン輝石との間で化学組成が連続する。名称は、この鉱物を分析し記載したスウェーデンの化学者ヘデンベルグM. A. L. Hedenbergに由来。和名は化学組成による。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android