コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘト・アラ(赫図阿拉) ヘト・アラHetu ala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘト・アラ(赫図阿拉)
ヘト・アラ
Hetu ala

中国,清朝の太祖ヌルハチ (奴児哈赤) の居城。遼寧省の撫順の南東に旧址がある。この付近が清朝発祥の地といわれ,ヌルハチが明の万暦 31 (1603) 年に築城し,天命4 (19) 年にジャイフィヤン (界藩) に移るまでの間,ここを拠点として活躍した。高句麗の古城を利用したともいわれる山城で,小規模であった。太宗ホンタイジ (皇太極) のとき,興京 (こうきょう) と改名されたが,のちに興京の名はさらに東の町に移されて城は興京老城と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘト・アラ(赫図阿拉)の関連キーワードヌルハチ(奴児哈赤)遼寧省旧址万暦撫順