コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラス ヘラス 〈ギリシャ〉Hellas

4件 の用語解説(ヘラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘラス(〈ギリシャ〉Hellas)

ギリシャのテッサリアに住んだ部族名。また、その居住地名。
ギリシャ全土を古代ギリシャ人がよんだ名称。現在でもギリシャの意味で文語として用いられる。→エラザ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ヘラス【Hellas】

古代ギリシャ人が自分の国土全体をさして呼んだ称。 → ヘレネス

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラス
へらす
Hellasギリシア語

古代ギリシア人の、自らの地ギリシアに対する呼称。初めはテッサリア南部のフティオティス地方の一部をさし、またエペイロスゼウスの聖地ドドナDodona付近の地もそうよばれたらしい。ドーリス人などの南下とともに使用範囲が広がったと考えられ、ペロポネソス半島より北のギリシア、ついでヘシオドス以降、テッサリア、エペイロス以南のギリシア本土全体の呼び名となった。現代ギリシア語ではエラスEllasまたはエラダElladaという。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘラスの言及

【ギリシア】より

…古代ギリシア語でヘラスHellas,現代ギリシア語では綴りは変わらないがエラスと発音する。ラテン語ではグラエキアGraecia,現代ヨーロッパ語ではラテン語に由来するものが多いが,ギリシア語に由来する語も併用されている。…

【デウカリオン】より

…水が引いてから,人類の回復を願う二人に,母の骨を背後に投げよとの託宣があり,これを石と解した二人が肩越しに石を投ずると,デウカリオンの投げた石は人間の男に,ピュラのそれは女になった。こうしてギリシア人の祖先たるヘレンHellēnが生まれたことにより,古代のギリシア人はみずからをヘレネスHellēnes,国土をヘラスHellasと称するようになったという。【水谷 智洋】。…

【ヘレネス】より

…古代ギリシア人が自己の民族の総称として用いた名称。その住む国土はヘラスhellasと呼ばれた。ホメロスやヘシオドスの詩で,まず〈パンヘレネスpanhellēnes〉という語が用いられ,やがて〈ヘレネス〉だけでギリシア民族を指し,異民族を指すバルバロイと対立する概念となった。…

※「ヘラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘラスの関連キーワードアカイア人マケドニア王国ギリシャ哲学ギリシャ独立戦争ギリシャ正教会テッサロニキふっさりΌλυμποςΘεσσαλονίκηピンドス種 (Pindos)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘラスの関連情報