コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラス 〈ギリシャ〉Hellas

デジタル大辞泉の解説

ヘラス(〈ギリシャ〉Hellas)

ギリシャのテッサリアに住んだ部族名。また、その居住地名。
ギリシャ全土を古代ギリシャ人がよんだ名称。現在でもギリシャの意味で文語として用いられる。→エラザ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘラス

ヘレネス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ヘラス【Hellas】

古代ギリシャ人が自分の国土全体をさして呼んだ称。 → ヘレネス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラス
へらす
Hellasギリシア語

古代ギリシア人の、自らの地ギリシアに対する呼称。初めはテッサリア南部のフティオティス地方の一部をさし、またエペイロスのゼウスの聖地ドドナDodona付近の地もそうよばれたらしい。ドーリス人などの南下とともに使用範囲が広がったと考えられ、ペロポネソス半島より北のギリシア、ついでヘシオドス以降、テッサリア、エペイロス以南のギリシア本土全体の呼び名となった。現代ギリシア語ではエラスEllasまたはエラダElladaという。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘラスの言及

【ギリシア】より

…古代ギリシア語でヘラスHellas,現代ギリシア語では綴りは変わらないがエラスと発音する。ラテン語ではグラエキアGraecia,現代ヨーロッパ語ではラテン語に由来するものが多いが,ギリシア語に由来する語も併用されている。…

【デウカリオン】より

…水が引いてから,人類の回復を願う二人に,母の骨を背後に投げよとの託宣があり,これを石と解した二人が肩越しに石を投ずると,デウカリオンの投げた石は人間の男に,ピュラのそれは女になった。こうしてギリシア人の祖先たるヘレンHellēnが生まれたことにより,古代のギリシア人はみずからをヘレネスHellēnes,国土をヘラスHellasと称するようになったという。【水谷 智洋】。…

【ヘレネス】より

…古代ギリシア人が自己の民族の総称として用いた名称。その住む国土はヘラスhellasと呼ばれた。ホメロスやヘシオドスの詩で,まず〈パンヘレネスpanhellēnes〉という語が用いられ,やがて〈ヘレネス〉だけでギリシア民族を指し,異民族を指すバルバロイと対立する概念となった。…

※「ヘラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘラスの関連キーワード地中海(Mediterranean Sea)パウサニアス(ギリシアのスパルタの将軍)アレクサンドロス(マケドニア王)アレクサンドロス3世(大王)総合年表(ヨーロッパ)コリント(都市国家)フィリッポス(2世)カイロネイアの戦いギリシア史[古代]マグナ・グラエキアヘラストラウ公園都市同盟(古代)ガウガメラの戦いブクレシュティコリントス同盟ボグダノービチヘラドス文化中東[古代]10月25日レオンチウス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android