コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリホル Herihor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリホル
Herihor

前 11世紀初期に活躍した古代エジプトの神官,クシュの総督。出自など不明だが,第 20王朝のラムセス 11世時代末期の動乱に乗じて軍内部で昇進し,アモン神の高級神官,軍司令官となったと思われる。ヌビアの副王をテーベから追放,権力を握り,ラムセス 11世を完全に無視して神殿前庭でファラオ (王) の称号を名のった。ラムセスより先に死んだが,王号は息子たちに受継がれ,彼らはラムセス死後,テーベに神政国家を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヘリホルの言及

【エジプト】より

…対外的には危機を脱するが,国内では神殿への富の集中,神官職の世襲化,外人傭兵の増大,官僚の汚職など状況は悪化し,ラメセス3世を継いだ4世から11世までの同名の王の間に王権は急速に衰え,アジア植民地は失われ,経済力も低下した。傭兵と神官のみ勢力を増大,ついにアメン大司祭ヘリホルHerihorが王位を奪取する(前1070ころ)。
[末期王朝時代]
 ヘリホルと同じころデルタのタニスで将軍スメンデスSmendesが即位,第21王朝を開く。…

※「ヘリホル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘリホルの関連キーワードラムセス11世末期王朝時代新王国時代タニス朝