コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クシュ Cush; Kush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クシュ
Cush; Kush

クシとも呼ばれる。古代エジプト人が今日のスーダン地方を呼んだ名称。古代ギリシア人はエチオピアと呼んだ。前 2000年頃ナイル第2急流以南をさしていたらしいが,まもなくヌビア全地方をいうようになった。古代エジプトの支配下におかれることが多かったが,エジプトを支配したクシュ王朝も出現した。黄金,香料黒檀ダチョウ羽毛毛皮などの特産品があり,これらの品物はエジプトに運ばれた。ユダヤ人はこの地方の民の始祖ノアの第2子ハムの長子クシュであるとした。『七十人訳聖書』『ウルガタ訳聖書』に「クシュの地」とあるが,その正確な位置は推定の域を出ない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクシュの言及

【ヌビア】より

…黄金や木材の産地として,アフリカ奥地からの貢納品の中継地として,また多くの傭兵を徴用する地として,古代からエジプトにとって経済的にも軍事的にも重要な地域であった。下流のエジプト領の下ヌビア(古代名ワワト)と上流のスーダン領の上ヌビア(古代名クシュ。ギリシア人の呼称はアイティオピア)とに分けられる。…

※「クシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クシュの関連キーワードゲベルシュリー(ヒンドゥー教の女神)ムサワラット・エス・スフラクイックリリースプレートセクシャル・ハラスメントメロエ島の古代遺跡群ヘテロセクシュアルトランスセクシャルバハウッディン廟F. マライーニアフロアジア語族プサムティク1世プサムティク2世メトロセクシャルヘテロセクシャルビルラマンディルセクシャリティートゥトモス1世トゥトモス2世ホモセクシャル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android