コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラオ ファラオ Pharaoh

翻訳|Pharaoh

6件 の用語解説(ファラオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラオ
ファラオ
Pharaoh

古代エジプトの王をさす称号。エジプト語 per-`O(per-ao)のヘブライ語 (のちにギリシア語) 形。元来「大いなる家」すなわち王の宮殿を意味した。第 18王朝 (前 1567~1320) 以降,王の称号として用いられるようになり,第 22王朝 (前 945頃~715頃) 以降はこの称号と王の名とが並び用いられ,たとえば「ファラオ・ネコ」のように併記されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファラオ(Pharaoh)

《大きな家、または太陽の意》古代エジプト王の称号。パロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファラオ

古代エジプトの王の呼称。エジプト語ペル・アア(〈大きい家〉)の転化で,聖書ではパロ,ギリシア語ではファラオ。王は天空神ホルスの化身,太陽神ラーの子,人間と神々の仲介者にして宇宙の秩序(マアト)の保持者とされる。
→関連項目エジプト(地域)ペトラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ファラオ【Pharaoh】

古代エジプトの国王の呼称。旧約聖書ではパロpar‘ōh。語源は古代エジプト語ペル・アアper‐aa(大いなる家=王宮)。第18王朝(前1552‐前1306)以降,建物だけでなく王個人をも指すようになり,これがヘブライ語,ギリシア語pharaōを経てヨーロッパ諸語に伝わり,現在では古王国・中王国時代の国王に対しても用いられる。〈神なる王(神王)〉として天の神ホルスの化身,太陽神ラーの子とされ,この神性をよりどころに,神々と人間社会とを結ぶ存在として人間社会を含む全宇宙の調和ある統合(秩序)を保持する任務を課せられ,政治,経済,社会,文化,宗教のすべてを自らの手で動かすことをたてまえとする,高度に組織化された中央集権国家に君臨した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファラオ【Pharaoh】

〔大きな家の意〕
古代エジプト王の称号。旧約聖書ではパロ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファラオ
ふぁらお
pharaoh

古代エジプトの王のこと。古代エジプト語のペルオPer-oに由来するギリシア語。ペルオはもとは大いなる館すなわち王宮をさすことばであったが、第18王朝のトゥトメス3世が王をさすことばとして用いて以来、それが習慣化した。トゥトメス3世以前の王、したがって古王国時代の王も今日ではこの用語でよぶ。王は五つの称号をもっていて、そのなかの個人に関係する二つの称号(即位名、誕生名)はカルトゥシュ(楕円(だえん)形の枠)の中に記された。[酒井傳六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファラオの言及

【エジプト】より

…相次ぐ異民族支配の下でエジプト文明はますます神殿と神官の手で担われていくことになる。
【王朝時代の社会と文化】

[社会]
 社会の中心は王,すなわちファラオ(旧約聖書ではパロ,エジプト語ペル・アア〈大きな家〉に由来)である。王は地上において創造神の役割を演じ,創造神が天地創造時に定めた宇宙秩序(エジプト語マアト)を維持し更新することが期待され,この意味で神と見なされた。…

【肩】より

…また,謝罪のため右肩をあらわにすることを肉袒という。 古代エジプトの王(ファラオ)が昇天するときはラーとオシリスの2神の肩の上に乗ると考えられていた(ペピ1世および2世の〈ピラミッド・テキスト〉)。バッジE.A.W.Budgeはアフリカでは族長とその妻たちが従者の肩に乗って旅するのを常とすることを考えれば,ラーやオシリスの肩に乗ることも不思議ではないと言う(《オシリス》2巻)。…

※「ファラオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファラオの関連キーワードエジプト語出エジプト記ルクソールエジプト鼠エジプト綿コプト古代エジプト語エジプト女王の棺古代エジプト美術館ビュブロス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファラオの関連情報