コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌビア ヌビアNubia

翻訳|Nubia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌビア
Nubia

アフリカ大陸北東部の古地名。東は紅海,西はリビア砂漠にはさまれたナイル川沿岸の地域のうち,北はアスワン南の第1急流 (エジプト) ,南はハルツーム (現スーダン) の間をさす。ワディ・ハルファより北を下ヌビア,以南を上ヌビアと呼ぶ。大部分は現スーダン領。古代エジプトではクシュと呼ばれ,古代ギリシア人はエチオピアと呼んでいた。新石器時代 (前 5000頃) から人類が居住した。しかしエジプトが王朝時代になり繁栄すると取残され,人的・物的資源の供給地として,また南方との交易路として重要な役割を果した。特にこの地で産する黄金,象牙,香料,黒檀,石材などは重要な物品であった。したがって古代エジプトの歴代の王たちはヌビア経営を重要な政策として考えたが,特に中王国時代の第 11王朝よりヌビアの征服が開始され,新王国時代は全ヌビアが王権のもとに制圧された。エジプトの支配時代に多くの神殿や城塞が建てられ,アブシンベル神殿などの古代エジプト遺跡が残る。前 800年頃からクシュ王国が栄え,エジプト第 25王朝 (前 730頃成立) は,ヌビアの王が建てた。前 590年に首都ナパタはエジプト軍に侵略され,上流のメロエに遷都して,鉄器文明の時代に入った。またエジプト,ローマ,ギリシアなどの影響を受けつつも黒人の造形感覚を生かした独自の美術工芸品を残した。メロエ文学も成立。4世紀にメロエのアクスム王国に滅ぼされ,成立したノバタエ王朝は 540年頃キリスト教国となった。 652年にヌビア一帯はエジプトのイスラム勢力の支配下に入ったが,ドンゴラを中心とした小キリスト王国は,14世紀にエジプトのマムルーク朝に征服されるまで存続。これら各時代の建造物はヌビア遺跡として残る。現在,住民はエジプト人と黒色人種の混血で,ヌビア語が広く用いられる。アスワン・ハイダムの完成で,現在下ヌビアはナイルの人造湖の湖底に沈んでしまった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヌビア(Nubia)

アフリカ北東部、エジプトのアスワンからスーダンのハルツームに至るあたりのナイル川流域の地。古代エジプトの遺跡があり、1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。→アブシンベル神殿フィラエ神殿カラブシャ神殿アマダ神殿ワディ‐エル‐セブア神殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヌビア

アラビア語ではヌーバ。アフリカ北東部,ナイル川河谷(アスワンからハルツーム付近まで)およびヌビア砂漠を含む地域。金などを産する。古代エジプトの支配下ではアブ・シンベル神殿が造営された。
→関連項目クシュ王国ヌビア遺跡群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヌビア【Nubia】

エジプト南部からスーダン北部にかけてのナイル川流域の地名。一般的にアスワンの第1急湍(たん)から南の第4急湍付近までをさす。アラビア語ではヌーバNūba。黄金や木材の産地として,アフリカ奥地からの貢納品の中継地として,また多くの傭兵を徴用する地として,古代からエジプトにとって経済的にも軍事的にも重要な地域であった。下流のエジプト領の下ヌビア(古代名ワワト)と上流のスーダン領の上ヌビア(古代名クシュ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヌビア【Nubia】

アフリカ北東部、エジプト南部からスーダン北部にまたがる地域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のヌビアの言及

【スーダン】より

…国土の中央やや東寄りを,ウガンダのビクトリア湖に発し南部国境付近山岳地帯から流れる諸河川を集めた白ナイル川が北上し,エチオピア高原に発した青ナイル川と首都ハルツームで,アトバラ‘Aṭbara川とはアトバラで,それぞれ合流し1本のナイル川となってエジプトへ抜ける。 ヌビア砂漠Ṣaḥrā’ al‐Nūbaとよばれる北部の砂漠地帯は,年間降雨量100mm以下で,岩はだの荒野が広がる。ナイル川の涸れ谷(ワジ,ワーディー)が刻まれ,東部は丘陵となって紅海沿岸山脈に至る。…

※「ヌビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌビアの関連キーワードウォールター・ブライアン エマリーヌビア(アフリカの地名)カンビュセス[2世]イブラーヒーム・ベイアメンヘテプ[3世]エレファンティネ島アメンエムヘト2世シャリ=ナイル諸語聖シメオン修道院セソストリス1世セソストリス2世アメンホテプ1世ナイルサハラ語族東部スーダン諸語シャマーリーヤ州東スーダン諸語ワディハルファトゥトモス4世クルドファン州ヌビア(民族)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヌビアの関連情報