コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルムホルツの共鳴説 ヘルムホルツのきょうめいせつHelmholtz theory of resonance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルムホルツの共鳴説
ヘルムホルツのきょうめいせつ
Helmholtz theory of resonance

音の振動数 (音の高低) を聞き分けられる理由を説明した仮説。 H.ヘルムホルツは,内耳の基底板に張られた弾力線維がピアノの弦のように働いて,音の振動に共鳴するためと考えたが,その後この仮説は否定された。現在では,リンパ液の振動によって蝸牛の基底板に進行波が生じ,この進行波の最大振幅の場所が音の振動数によって異なるためであると説明されている。これを場所説といっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android