コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルモルト Helmold von Bosau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルモルト
Helmold von Bosau

[生]1120頃.ザクセン
[没]1177以後.ボサウ
ドイツの年代記作者。『スラブ年代記』 Cronica Slavorumの著者。北ドイツで活躍し,スラブ人居住地におけるドイツ人の東部植民の実情をこの年代記に書き残した。東部植民の進展,ハインリヒ獅子公の活躍,スラブ人のキリスト教改宗,リューベック市建設事情などに関する貴重な史料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルモルト【Helmold】

1120ころ‐77以後
中世ドイツの年代記作者。ハルツ出身のアウグスティヌス会派の司教座聖堂参事会員。1159年以後キール近郊のボーザウBosauで司祭として働き,《スラブ年代記》(1167‐72)を書いた。これはカール大帝の時代から1170年までのエルベ川下流域の西スラブ族のキリスト教化の過程を描いたもので,東ドイツ植民と12世紀の帝国史,さらにハインリヒ獅子公の活動を知るうえで不可欠の史料となっている。【阿部 謹也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android