コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレニウム

百科事典マイペディアの解説

ヘレニウム

ダンゴギク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘレニウム
へれにうむ
[学]Helenium

キク科ヘレニウム属の総称。耐寒性の一年草または多年草で、アメリカ大陸に約40種分布する。そのなかで北アメリカ原産の3種が、おもに切り花、花壇用に栽培される。アウタムナーレ種H. autumnale L.は多年草で、和名ダンゴギク。高さ約1.5メートル、葉は広披針(こうひしん)形で長さ約15センチメートルに達する。花が半球状に咲くことから和名がついた。花期は7~10月。多数の品種があり、花色は黄、赤、赤褐色、花形も大輪と小輪がある。ビゲロビー種H. bigelovi A. Gray.は多年草で、和名ヤハズダンゴ。花色は黄または赤褐色である。フレクスオーサム種H. flexuosum Raf. var. nudiflorum Nutt.は多年草で分枝が多い。花色は赤紫、黄、褐紫色。
 いずれも栽培は容易で、土質を選ばない。日当りと排水のよい場所でつくる。繁殖は株分けまたは実生(みしょう)による。[岡田正順]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android