ヘロとレアンドロス(英語表記)Ta kath' Hērō kai Leandron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロとレアンドロス
Ta kath' Hērō kai Leandron

ギリシア神話の登場人物。セストスに住むアフロディテの女神官ヘロは,夜ごと対岸のアビドスからヘレスポントスダーダネルス海峡)を泳いで渡って会いにくる恋人レアンドロスを,塔にあかりをともして導く。しかし嵐の夜に塔のあかりが消えたことで,レアンドロスは波にのまれ,ヘロもあとを追って海峡に身を投げる。この悲劇はローマの詩人オウィディウスらによって伝えられ,のちにギリシアの詩人ムサイオスが悲劇的恋愛叙事詩とした。近代以降も,クリストファー・マーロー,J.C.フリードリヒ・シラー,フランツ・グリルパルツァーなどがこの悲劇を元に詩作し,ジョージ・ゴードン・バイロンの作品でも言及されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android