ヘロとレアンドロス(英語表記)Ta kath' Hērō kai Leandron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロとレアンドロス
Ta kath' Hērō kai Leandron

ギリシア神話の登場人物。セストスに住むアフロディテの女神官ヘロは,夜ごと対岸のアビドスからヘレスポントスダーダネルス海峡)を泳いで渡って会いにくる恋人レアンドロスを,塔にあかりをともして導く。しかし嵐の夜に塔のあかりが消えたことで,レアンドロスは波にのまれ,ヘロもあとを追って海峡に身を投げる。この悲劇はローマの詩人オウィディウスらによって伝えられ,のちにギリシアの詩人ムサイオスが悲劇的恋愛叙事詩とした。近代以降も,クリストファー・マーロー,J.C.フリードリヒ・シラー,フランツ・グリルパルツァーなどがこの悲劇を元に詩作し,ジョージ・ゴードン・バイロンの作品でも言及されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android