コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘロとレアンドロス ヘロとレアンドロスTa kath' Hērō kai Leandron

1件 の用語解説(ヘロとレアンドロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘロとレアンドロス
Ta kath' Hērō kai Leandron

ギリシア神話登場人物セストスに住むアフロディテの女神官ヘロは,夜ごと対岸のアビドスからヘレスポントスダーダネルス海峡)を泳いで渡って会いにくる恋人レアンドロスを,塔にあかりをともして導く。しかし嵐の夜に塔のあかりが消えたことで,レアンドロスは波にのまれ,ヘロもあとを追って海峡に身を投げる。この悲劇はローマの詩人オウィディウスらによって伝えられ,のちにギリシアの詩人ムサイオスが悲劇的恋愛叙事詩とした。近代以降も,クリストファーマーロー,J.C.フリードリヒシラーフランツグリルパルツァーなどがこの悲劇を元に詩作し,ジョージゴードンバイロンの作品でも言及されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone