コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリソン ヘンリソン Henryson(Henderson), Robert

2件 の用語解説(ヘンリソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリソン
ヘンリソン
Henryson(Henderson), Robert

15世紀後半のスコットランドチョーサー派詩人。最もチョーサーに近い存在とみられ,『トロイルスとクリセイデ』の後日譚ともいうべき『クリセイドの遺言』 The Testament of Cresseidは,18世紀までチョーサー作と考えられていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリソン
へんりそん
Robert Henryson
(1429?―1508ころ)

イギリスの詩人。チョーサーの詩風の継承者である。グラスゴー大学に学び、ダンファームリン修道院付属学校の教師を勤めたと伝えられている。代表作である『クレセイドの遺言』(没後、1593刊)は、チョーサーの大作『トロイルスとクリセイデ』の続編ともいうべきものであり、トロイルスの誠実な愛を裏切ったクレセイドを断罪している。このほか、悲恋を主題としたバラードロビンとマキン』(没後、1724刊)なども有名。[安東伸介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンリソンの関連キーワードスコットランドヤードシェトランドスコッチツイード蘇格蘭スコット記念碑Highlandsスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団アバケーンスコットランド風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone