コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリソン Henryson(Henderson), Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリソン
Henryson(Henderson), Robert

15世紀後半のスコットランドのチョーサー派詩人。最もチョーサーに近い存在とみられ,『トロイルスとクリセイデ』の後日譚ともいうべき『クリセイドの遺言』 The Testament of Cresseidは,18世紀までチョーサー作と考えられていた。『イソップ教訓寓話』 Morall Fabills of Esope,ボエチウスに基づく『オルフェウスとエウリュディケ』 Orpheus and Eurydiceのほか,英語で書かれた最古の物語詩『ロビンとマキン』 Robene and Makyneなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンリソン
へんりそん
Robert Henryson
(1429?―1508ころ)

イギリスの詩人。チョーサーの詩風の継承者である。グラスゴー大学に学び、ダンファームリンの修道院付属学校の教師を勤めたと伝えられている。代表作である『クレセイドの遺言』(没後、1593刊)は、チョーサーの大作『トロイルスとクリセイデ』の続編ともいうべきものであり、トロイルスの誠実な愛を裏切ったクレセイドを断罪している。このほか、悲恋を主題としたバラード『ロビンとマキン』(没後、1724刊)なども有名。[安東伸介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android